出産後にしぼんで垂れてしまったバストを復活させる

「この大きさのまま、しぼまなければ最高!」

出産を経験した女性、特に出産直後であり
「もともと大きくない」女性は、そう思うこともあるはずです。

しかしながら、現実はそう優しいものではなく
授乳が終わった後には、ピークよりは「しぼむ」ことになり

これは、当然のことでもあります。

もっとちゃんとケアをしておけばよかった・・・と、

後悔する女性は非常に多いです。

そういった話を聞いていて、不安に思っている女性も多いと思います。

しかし、産後は「チャンス」でもあるのです。

妊娠することによって、ほぼ例外なくバストはボリュームアップします。

中に「母乳」が充填された結果によることはもちろん
妊娠後期には「乳腺」を発達させるために、女性ホルモンの分泌が活発になります。

バストは、出産前から膨らみ始めるのです。

これと似た現象は、「生理前」にも起こるものであり
中には「母乳」が出てしまう女性もいるほど
「排卵後」は、「お母さんの体」に近づきます。

生理前には「張って痛い」というデメリットもありますが
定期的に訪れる、バストアップのチャンスでもあるのです。

産後のバストが張っている時期に、同じようにアプローチすることで
今までよりも大きなバストを維持することができます。

ただし後述しますが、リスクを伴う場合もあるため
「体に入れるもの」には、十分に注意しましょう。

出産後のバストに関する大きな悩みの中に
授乳期が終わった後には「垂れる」ことがあります。

これは、母乳・張りによって引き伸ばされた皮膚が伸び
それらがなくなることによって、伸びた皮膚が残った結果であることは
想像するのは、そう難しいことではないはずです。

垂れたバストを元に戻すことは出来るのか?で詳しく述べたように
一度垂れたバストは、根本的に元に戻ることはありません。

基本的には「対策しておけばよかったもの」だが

「対策」がほぼ全て、と言えるものになります。

「バストアップのチャンス」と、「垂れるリスク」は表裏一体なのです。

産後のタイミングで、効率的なバストアップを図るために
また「張り」を維持するために、「バストアップサプリ」や
「ボディケアサプリ」を検討している方も多いと思います。

しかしながら、そういったアイテムを利用することに
抵抗がある、心配である女性も多いと思います。

産後は、女性ホルモンが非常に乱れている時期であり
落ち着くまでは、体に入るものにも敏感になりがちです。

それは正しいことであり、十分に注意すべきです。

「授乳中」のバストアップサプリの利用は絶対に控えましょう。

「ホルモン環境」に効果的であるが故に、
産後のホルモンが乱れている時期には危険を伴います。

「母乳自体」への悪影響はないはずですが、
「母乳を出す環境」が悪影響を受けてしまうことも考えられます。

産後は、何よりも健康が第一です。

バストアップサプリは、授乳期が終わった後に利用しましょう。

授乳期が終わりに近づく頃には、ホルモンバランスも落ち着いているはずです。

また使用する際にも、最初は用量よりも少なく試す等
自分の体と相談し、試行錯誤をしてみる必要もあります。

もちろん、産後のバストに関する悩みの中には
大きさ・形よりも「乳首」の状態が気になる方も多いと思います。

あくまで「トータルケア」が大切です。

「努力」や「ケア」によって、ピンチををチャンスに
子だくさんでも、綺麗なバストを維持しているお母さんはたくさんいます。

より「いいバスト」になる方も、珍しくはありません。

ただしそういった女性は、例外なく努力をしているはずです。

「今からでは遅い」とは考えず、「今すぐ」始めましょう。

>>アトケアプロ

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

血糖値の検査と糖尿病の歴史

糖尿病の治療を始めるきっかけとしては、簡易的な健康診断や
人間ドッグの際に、規定の数値以上の血糖値が検出された結果
促されて、本格的に病院に通うことがほとんどだと思います。

通院しながら健康診断などよりも、詳しい検査をしていき
進行状態に相応しい治療を開始することになります。

検査の内容としては、

  1. 空腹時血糖を食後血糖を計測・比較
  2. 尿酸値の測定
  3. インスリンの分泌状態・正常に機能しているか
  4. インスリン以外の血糖コントロールホルモンの検査

以上を主に測定することになりますが
高血糖は「高血圧」等、その他の生活習慣病を併発していたり
併発する寸前、後に招いたりすることが非常に多いです。

そのため、改めて自分の体全体を
検査し直すことのよって、その他の疾患の初期症状などを
しっかりチェックすることができるため、とても重要です。

現実の問題であると自覚するために必要な過程

また、実践的な検査だけではなく

  • 喉が渇くことが多いか
  • 体がだるくなることが増えたか
  • それはいつぐらいか
  • 日常的な食事内容・運動量

等の、問診も受けることになります。

自身の健康に関わるため、ごまかしたりせずに正直に答えましょう。

糖尿病は、初期の自覚症状が少ないことから
かなり進行した段階で、発見されることも多いため
健康診断や人間ドックは出来る限りうけるようにしましょう。

また、問診で聞かれるような上記の症状に心当たりがある場合は
飛び込みでも検査してもらうことは可能なため
時間を見つけて自ら受診してもることもおすすめします。

「ひっかかる」前に発見できるよう、心がけましょう。

昔は少なかった高血糖患者

日本はもともと、肉や魚を食べる習慣は少なく
欧米に比べ、圧倒的に糖尿病患者の数は少ないものでした。

高血糖が生活習慣病(成人病)として、問題になり始めたのは戦後のことです。

病気自体は昔からある

古い文献では、古代中国やエジプトで
水を沢山飲む・尿が沢山出る病気としての記述が残っています。

「菜食主義」が長く続いた日本では、そもそも栄養過多になることは稀でした。

歴史書に最初に残っている糖尿病患者では「藤原道長」が有名ですが
高い身分の人であり、庶民にはあまり馴染みのないものでした。

また喉が渇き、水を沢山飲むという症状から「飲水病」と呼ばれていました。

1921年に「インスリン」が開発される以前は「不治の病」とされ
ただでさえ珍しく、原因不明の「壊死」や「失明」が起こることから
とても恐れられているうえに、治療法もほとんど確立していませんでした。

生活習慣が影響することは永遠に変わらない

「血糖値」という概念がなかった時代には
「高い」血糖が様々な症状を招いている、という概念はありませんでした。

現在では、世界的に糖尿病患者が増え
特に発展途上国での患者数が、爆発的に増えています。

もともと栄養が足りていなかった地域に
突然、飽食の時代がやってきた影響と考えられています。

また、菜食主義の傾向の強いアジア圏では
体質的に「インスリン」の分泌力が弱いとされています。

もしかしたら、これから体質が欧米化していき
ホルモンの分泌も調節されるこましれません。

しかし贅沢病・文明病の面のある糖尿は、生活習慣が大きく関わることは変わらず
改善や予防もに関して、生活習慣にアプローチすることは変わることはないでしょう。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

乳首の毛の処理方法は安全な「抑毛」がおすすめ

バストに関する悩みと同じく、「ムダ毛」に関する悩みというものも
女性にとっては非常に深く、また身近な問題であると言えます。

基本的には「体質」に影響を受ける「毛深さ」は
個人差の大きなものであり、「濃い」というものが最も典型的な悩みであり
そしてそれに加えて「生えてしまう場所」というものが影響を与えます。

「わきの下」といった部分は、女性であっても多くの人に生えるものであり
恥ずかしいけど、みんな同じだし、仕方がないもの、と考えることができますが
それがもし「乳首」であった場合には、話が大きく変わってしまうことになります。

更にそれが「濃く」「多い」ものだったら・・・

「乳首の色」を気にしている女性は多く、
それは「誰もが綺麗にしておきたい場所」であるためであり
そこに目立つ毛が生えているとしたら、なかなか深い悩みになるはずです。

では、もし、そういった悩みを持っている場合には
どういった手段をとることが、最も効果的なのか、最も効率的なのか
「現在のベスト」と言える方法を考えてみましょう。

そもそも、なぜ乳首に毛が生えてしまうのかと言うと
基本的には「ホルモン環境の乱れ」が影響しています。

頭髪以外の体毛というのは、「男性ホルモン」の影響で生えるものであり
「女性ホルモン」が乱れている・減少している状況においては

男性ホルモンが優位な状況が作られてしまうため
本来、女性は体毛の生えにくい部分の毛が多く・濃くなってしまうことになります。

そこで、「抑毛化粧水(クリーム)」による処理を紹介したいと思います。

この抑毛化粧水を、おススメする理由としては
やはり何より、「肌(乳首)を傷つけない」という点
尚且つ「保湿成分」が配合されている点に注目して欲しいと思います。

「抑毛クリーム」は、比較的最近になって広まり始めた
新しいムダ毛処理方法として、注目されているアイテムになります。

その特徴を、簡単に言い表せば

  • 簡単な脱毛
  • 簡単な黒ずみの対策・除去

この2つの側面を、併せ持ったアイテムとなります。

抑毛クリームは、「脱毛クリーム」とは異なり
またサロンでの脱毛施術とも異なるものになりますが
その過程というのは、共通した部分もあります。

それは、「徐々に毛を弱める」というアプローチ方法であり
具体的には、「女性ホルモン成分」を浸透させることで
男性ホルモン優位となっている状態を、改善していきます。

結果的に「抜ける」といったものではなく、「徐々に元気を奪う」ことになり
ちゃんとした毛が生えないように、環境を変化させていくのです。

レーザーによる脱毛施術も同じものであり、毛を生やす・毛の素となる細胞を
弱めていくことで、結果的に細く・弱い毛しか生えてこなくなるのです。

抑毛クリームは、やや異なるアプローチにはなりますが
その結果、求めているものは、共通していると言えます。

当サイトで紹介している抑毛クリームは、「抑毛化粧水」であり
「保湿成分」を含めた、美容成分が含まれており、
「体全体に使える」ということが、最大の特徴になります。

乳首の周辺に利用するということは、やはり「刺激」が気になるものですが
そもそも肌を調節することが、主な目的である化粧水であれば
心配することなく、乳首の周辺に利用することができます。

そして、保湿とは「黒ずみ」の対策に最も必要な要素であり
また黒ずみを落としやすい状態にするためにも、欠かすことができません。

以上にように、抑毛化粧水(クリーム)は「メリットが圧倒的に多い」ものであり
脱毛と黒ずみのケアを、「リスクなし」で行うことができるアイテムと言えます。

乳首に関する悩みは、「人に言えない悩みランキング1位」と言われており
悩んでいる人というのは、自分以外にもたくさんいるものです。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする