出産後にしぼんで垂れてしまったバストを復活させる

「この大きさのまま、しぼまなければ最高!」

出産を経験した女性、特に出産直後であり
「もともと大きくない」女性は、そう思うこともあるはずです。

しかしながら、現実はそう優しいものではなく
授乳が終わった後には、ピークよりは「しぼむ」ことになり

これは、当然のことでもあります。

もっとちゃんとケアをしておけばよかった・・・と、

後悔する女性は非常に多いです。

そういった話を聞いていて、不安に思っている女性も多いと思います。

しかし、産後は「チャンス」でもあるのです。

妊娠することによって、ほぼ例外なくバストはボリュームアップします。

中に「母乳」が充填された結果によることはもちろん
妊娠後期には「乳腺」を発達させるために、女性ホルモンの分泌が活発になります。

バストは、出産前から膨らみ始めるのです。

これと似た現象は、「生理前」にも起こるものであり
中には「母乳」が出てしまう女性もいるほど
「排卵後」は、「お母さんの体」に近づきます。

生理前には「張って痛い」というデメリットもありますが
定期的に訪れる、バストアップのチャンスでもあるのです。

産後のバストが張っている時期に、同じようにアプローチすることで
今までよりも大きなバストを維持することができます。

ただし後述しますが、リスクを伴う場合もあるため
「体に入れるもの」には、十分に注意しましょう。

出産後のバストに関する大きな悩みの中に
授乳期が終わった後には「垂れる」ことがあります。

これは、母乳・張りによって引き伸ばされた皮膚が伸び
それらがなくなることによって、伸びた皮膚が残った結果であることは
想像するのは、そう難しいことではないはずです。

垂れたバストを元に戻すことは出来るのか?で詳しく述べたように
一度垂れたバストは、根本的に元に戻ることはありません。

基本的には「対策しておけばよかったもの」だが

「対策」がほぼ全て、と言えるものになります。

「バストアップのチャンス」と、「垂れるリスク」は表裏一体なのです。

産後のタイミングで、効率的なバストアップを図るために
また「張り」を維持するために、「バストアップサプリ」や
「ボディケアサプリ」を検討している方も多いと思います。

しかしながら、そういったアイテムを利用することに
抵抗がある、心配である女性も多いと思います。

産後は、女性ホルモンが非常に乱れている時期であり
落ち着くまでは、体に入るものにも敏感になりがちです。

それは正しいことであり、十分に注意すべきです。

「授乳中」のバストアップサプリの利用は絶対に控えましょう。

「ホルモン環境」に効果的であるが故に、
産後のホルモンが乱れている時期には危険を伴います。

「母乳自体」への悪影響はないはずですが、
「母乳を出す環境」が悪影響を受けてしまうことも考えられます。

産後は、何よりも健康が第一です。

バストアップサプリは、授乳期が終わった後に利用しましょう。

授乳期が終わりに近づく頃には、ホルモンバランスも落ち着いているはずです。

また使用する際にも、最初は用量よりも少なく試す等
自分の体と相談し、試行錯誤をしてみる必要もあります。

もちろん、産後のバストに関する悩みの中には
大きさ・形よりも「乳首」の状態が気になる方も多いと思います。

あくまで「トータルケア」が大切です。

「努力」や「ケア」によって、ピンチををチャンスに
子だくさんでも、綺麗なバストを維持しているお母さんはたくさんいます。

より「いいバスト」になる方も、珍しくはありません。

ただしそういった女性は、例外なく努力をしているはずです。

「今からでは遅い」とは考えず、「今すぐ」始めましょう。

>>アトケアプロ

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク