血圧と頭痛の関係

「頭痛」が起きてしまうことには、必ず何か原因があるものであり
体の機能の根本的な部分に問題が生じることによって
慢性的に発生してしまっていることも、考えられます。

そして、その中でも「血圧」が関わるものは
様々な角度から、頭痛を招く要因となります。

頭痛が発生するメカニズムには、

  • 血液
  • 血流

といったものが関わっていることが多く
血圧に関する要因も、この中の1つと言う考え方ができます。

高血圧によって頭痛が招かれる原因とその症状
そもそも頭痛は、高血圧の数少ない自覚症状であり
それと同時に「動悸」「のぼせ」といったような
「更年期障害」に重なる症状も見られるものになります。

致命的な症状の前兆としての頭痛

高血圧の症状の1つに、血圧が上昇してしまうことによって
血管が厚く・堅くなってしまう「動脈硬化」と呼ばれるものがあります。

血管内の、「血液の通り道」が狭くなることで
当然血液の流れは悪化することになり、更なる高血圧のリスクを招くと同時に
その症状が「脳内」でおきてしまっていることで
慢性的な頭痛の症状が、更に強まることになります。

そして、最も致命的な症状として

  • 脳梗塞
  • 脳内出血
  • くも膜下出血

といったものを招くことにつながります。

これらの症状が起きてしまった際の痛みは、単なる頭痛というレベルではなく
「今までにない」痛みであり、そして、そうなってしまってからではもう遅いのです。

高血圧による頭痛は、慢性的なものである傾向がありますが
上記の症状に至らずとも、突発的に大きな痛みを伴うこともあり
違和感のある頭痛を感じたい際には、疑ってみることも必要になります。

根本的な高血圧の解決が必要

高血圧による頭痛の症状の、根本的な改善策は
「高血圧の状態を改善する」という、ただ1つであり
これだけで、改善することができるという考え方ができます。

とはいっても、それほど簡単なものではなく
基本的には「加齢」による、血管の劣化によって招かれること
更に「食生活」を中心とした、長年の「生活習慣」が招いているため
その改善のためにも、時間がかかるものになります。

そして、高血圧の改善のためには

  • 塩分の過剰摂取
  • 睡眠不足
  • ストレス

といった、そもそもの高血圧の要因を避ける・解消するしかありません。

特にストレスは、生活習慣に関係なく
ある程度は、日常的に感じてしまうものであり
「頭に血がのぼる」といった状態は、非常に危険なものになります。

その繰り返しによって、慢性的な頭痛を抱えることにもつながり
更に「自律神経」の不具合に発展することで、非常に危険なものとなります。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク