絶対になりたくない激痛を伴う「尿管結石」を避ける方法

いわゆる「体の不調」には、様々な種類が存在し
その不調ごとに、様々な「症状」が現れることになります。

その症状の中でも「痛み」に関しては、多くの不調に見られる症状であり
珍しいものではありませんが、こと「尿管結石」の痛みに関しては
「想像を絶する」と言われるほど、痛いことで知られており
身の回りの「経験者」に話を聞いて、恐れている人も多いのではないでしょうか?

尿管結石を経験する人というのは、男性の比率が高くなっていますが
全体では「15%」の割合で発生すると言われており、決して他人事ではありません。

「尿管結石」は、正式には「尿路結石」と呼ばれ
「尿」が関わっている器官内に、小さな個体が発生してしまう症状であり
その多くが「上部尿路結石」と呼ばれ、「腎臓」と「尿管」に発生するものになります。

「石」と呼ばれることもあるこの結石は、「ミネラル」の結晶であり
「カルシウム」と「シユウ酸」が結びつくことによってできる
「シユウ酸カルシウム」という成分が主体となって構成されます。

なぜ発生してしまうの?

基本的には、「食生活」が原因であると考えられ
栄養過多の人、つまり太っている人に多い症状になります。

しかし、それ以上に「ストレス」が大きな原因であると考えられ
社会的な責任も増す、中年以降に増えていると思われます。

ストレスは「代謝」を乱す要素であり、うまく排出されなかった
一部のミネラルが、固まってしまうことで結石化します。

本来であれば、「全て排出されるべき」成分が
排出されない・できないことで発生します。

「激痛」が走るタイミングとは

とにかく「痛い」という症状は、広く知られていることになりますが
実際に激痛を感じるタイミングは、結石が「尿管」に移動した後になります。

結石が発生したばかりで、まだ腎臓にある間はそれほど痛みはなく
「違和感」程度ですが、尿管に入った際にいよいよ痛みが発生してくることになります。

しかしながら「何も感じない」ことも珍しくなく
極めて小さい場合は、気づかずに排出していることも多いです。

その際に、結石が尿道を傷つけたことで「血尿」が見られることもあります。

一度「できてしまった」結石を、ピンポイントで縮小させることは非常に困難です。

そのため、結石が一定以下の大きさの場合
基本的には「排出」することが、除去方法になります。

水分を多く摂取し「利尿作用」を促す薬剤を使用します。

しかし、一定以上の大きさになってしまっている場合には
尿道を通って排出することは困難であり、外科手術をすることも多いです。

また、現在では「超音波で破壊する」手段が一般化していますが
それ以前は、外科手術によって「物理的に」砕くことが主流となっていました。

予防が可能な症状

「尿路(尿管)結石」は、再発しやすいことも特徴の1つです。

その理由として「体質」と言うよりも、「できやすい体内環境」になっていることが挙げらます。

しかしながら「予防」に効果的な習慣もあり
二度と苦しことのないように、取り入れていく必要があります。

結石予防の「鉄板」としては、日常的に適切な水分補給を心がけ
「結石の素」の排出を促すこと共に「クエン酸」を摂取を意識しましょう。

クエン酸は、結石形成を抑止する効果があると考えられ
実際に、意識して摂取した際の「再発率の低下」にも反映されています。

「結石体質」の人は「カルシウムを摂ってはいけない」という
迷信が蔓延していましたが、現在では「適切な量を摂取すべき」と分かっています。

「適度な運動」「生活リズムを整える」といったことは、言うまでもありません。

そして、尿路(尿管)結石の症状が見られた人は
同時に動脈硬化・高血糖の傾向があることが、統計から分かっています。

どれもが、基本的に「栄養過多」な状態が招く症状です。

「そろそろ危ないよ」という、体からの警告でもあるのです。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

赤ちゃんの内臓の発達と注意すべき食生活

生後6ヶ月を過ぎた辺りから、徐々に離乳食を始めるママと赤ちゃんが増えてきます。

ママも様々な本屋さん・ネットサイトなどで調べ、
張り切って作ってみたりするのではないでしょうか?

それも全て赤ちゃんの「成長」と「健康」そして「おいしい」と感じる

1つの幸福を与えるためだと思います。

しかし、いくらママが頑張っても
赤ちゃん側に「食べる」「消化する」「吸収する」準備が
出来ていないことには、逆の効果を生んでしまいます。

もちろん日々成長する内臓

離乳食の始めの一歩に「お粥」を選ぶママは事情に多いですが
習慣や形状からしても、理想的な離乳食です。

日本で生まれ、日本で育っていくのであれば
1番始めにお米の美味しさを感じることが出来ることはとても幸せなことです。

忘れてはいけないことが、母乳(ミルク)「消化」以外を
「消化」「代謝」「吸収」することが、初めての経験であることです。

「炭水化物」という「エネルギー」になると同時に
炭水化物は他のエネルギーに比べて消化しやすく
消化の基礎となるためは1番最初に相応しいです。

そして、「非常に柔らかいお粥」に慣れてきた頃から
ビタミンやミネラルなどを含んだ食材を試し始めます。

お粥と同じように、歯ごたえが一切なくなるまで
柔らかくしたものを試していくことになりますが
ビタミン・ミネラル分を含んだ食材というのは
野菜などが中心になっていきため
この段階から、少しずつ注意が必要になってきます。

その基準として、

  • 塩分
  • 脂肪分
  • 添加物
  • 内臓への刺激
  • ナマモノ
  • アレルギーが疑われるもの

以上を避けるというのは常識的ではありますが
しっかりと油断しないようにしましょう。

「いいものに火を通す」が基本

また、離乳食の始めは基本的に
柔らかく、薄味にして与えていくことは常識ですが
初期の段階では1回につき1種類の食材から始めましょう。

そして一番大切なことは

「天然の食材」に「火を通す」

ということが、赤ちゃんの体を守るために最も大切なベースです。

肉や魚以外であっても、「生」で与えることはおススメできません。

たとえ、果物や野菜であっても、必ず火を通し
柔らかくつぶすことを心がけましょう。

「何でも食べさせたい」と考えるママは多いようですが
注意してあげることもそれだけ増えることを
決して忘れないようにしましょう。

特に「噛む」「つぶす」という作業が必要なものは
10ヶ月~1歳以降からが相応しく
内蔵に関しても、そういった少しでも硬さがあるものは
消化出来るようになるまで、同じくらいの時間がかかります。

基本的には、食材・形状に関して
うまく食べる(飲み込める)事が出来るようになるのと
しっかり消化・吸収がえきるようになるまでの時間は
おおよそ、同じ時期になると考えましょう。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

毎日使いやすい一番手軽なシートマスク「ルルルンシリーズ」の特徴

シリーズの合計販売数を考慮した際、現在最も利用者の多いと考えられる
化粧水パックの定番・鉄板と言えるマスクが、「ルルルンシリーズ」になります。

とにかく<あらゆる意味で手軽>と言えるアイテムであり
「特別なケア」というイメージ、また実際にそれほど頻繁なものではなかった
フェイスパック(シートマスク)によるスキンケアを
日常的なものとした、画期的・先駆けとなったアイテムでもあります。

「ティッシュのように取り出すマスク」の代名詞でもあり
化粧水パックの<スタンダード>と言える内容となっています。

3種類のラインナップから選べる

女性であれば、「ルルルン」と聞いて
すぐにこのアイテムが思い浮かぶ方が多いと思われますが
実はその「主な目的」によって、種類が存在します。

基本的なラインナップとして、ピンク・青・白の3種類が存在し
「保湿」というアプローチの内容が微妙に異なります。

保湿というのは、肌にとって最も重要な要素と言えますが
<すればするほどよい>というものではなく、自分の肌質に合ったケアが必要です。

それぞれの特徴として、

ピンク・・・・バランス型保湿(敏感肌~普通肌向け)

青・・・もっちり高保湿(超乾燥肌向け)

白・・・さっぱり保湿(油性肌向け)

それぞれにコンセプトとマッチした、適格な成分が含まれます。

ある意味で「無難」な「誰にでもぴったり」と言えるアイテム

「ルルルンシリーズ」に関しては、すでに利用したことのある方も多いと思います。

まだ経験していない、という方でれば
化粧水の過程に関しては、毎日行うスキンケアであり
一度は「ルルルン」の効果を実感して欲しいと思います。

利用者が多いこと自体が、その<評判の証>と言えます。

決して「最高のパック」とは言えないものの、<日常使い>を目的とするのであれば
「誰にとってもベストに近い」と考えられるため、常備しておくこともおすすめです。

毎日使うからこそお得に買うべき

「ルルルン」を利用している方というのは、
おそらく、「一般的な化粧水」またその過程である
「コットンに浸して」という使い方よりも、より高い効果を求めているはずです。

そして、且つ「なるべく低価格・手軽に試せるマスク」を求めた結果と思われます。

「ルルルン」は、一般的な購入(いわゆるティッシュボックス式)で「約50円/1枚」
公式サイトからの、よりお得な購入で「約40円/1枚」で利用することができます。

「ルルルン」は、少ない枚数の「密閉パッチ型」での販売もあり
アイテムの品質を保つことを考えれば、より高い保護性を求めるべきと言えます。

しかしながら、消費サイクルが早いという特徴もあり
また、<毎日(頻繁に)使うからこそ>よりお得な購入がおすすめです。

そのため日常使いとして利用するのであえれば、
よりリーズナブルな購入ができる、公式サイトからの定期購入が相応しいと言えます。

<特別なパック>「ルルルン ONE」とのセットがお得に

公式サイトからの購入がおすすめな理由は、「割引」だけではありません。

「好きなルルルン 」と「ルルルン ONE」
セットになったコースの選択肢も用意されています。

「ルルルン ONE」は、通常の「ルルルン」のような化粧水マスクではなく
フェイスパック(シートマスク)本来の、特別なケアができるアイテムです。

  • 成分構成・効果
  • マスクの仕様

共に「普通のルルルン」の、ワンランク上の内容となっており

この内容で「300/1枚」というのは、非常にコストパフォーマンスが高く
毎日の「普通のルルルン」に加えて、「特別な1日」を追加することができます。

このように、ドラッグストア等における個別購入だけでなく
よりコスパの高い購入方法が、設定されたアイテムも多いため
毎日続ける習慣だからこそ、お財布に優しい買い方を探してみて欲しいと思います。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする